ブログ・オカリナのお稽古

オカリナのことや、音楽のこと などエトセトラ...


WEBSITE
『オカリナの小部屋』
https://www.okinakobo.com/
オカリナ楽譜、音楽配信など

『基礎練習』とは、いわば準備運動のようなものです。


楽器を円滑に演奏するための、身体起こし練習です。




適切な姿勢、


円滑な呼吸(ブレスコントロール)、


柔軟な指の動き…


そういった、演奏をするために必要な


柔軟な体に、ウォーミングアップする作業です。






以前の記事で、


「呼吸がすべて」というような内容の


お話をさせていただきました。





改めて、ブログ内リンクを貼っておきますので、


ご一読いただけると幸いです。


「呼吸のお話し」

「ブレスは充分に、息をたっぷり吸いましょう」




十分な呼吸(ブレス)が必要なこと、


そのトレーニング方法など、ご理解いただけたでしょうか?










『基礎練習』というトレーニングは、


はっきり言って面白くはありません。


効果を信じて、ただただ地道に日々積み重ねる…。



それがあるとき開眼につながったり、


技術や理解の維持、促進することにもつながります。






ですが、


やはり楽曲を演奏するのと比べて、


「基礎練習」のような反復トレーニングは、


一般的にかなり退屈な時間であることは否めません。




そこで、「楽器を演奏するための準備運動」という観点から、


出来るだけ絞った内容(Routine)で効率的に行うことが、大切です。







『オカリナのお稽古』では、


3つの基礎練習メニューに絞って、ご紹介します。




① 呼吸(ブレスコントロール)の準備運動


② 指の柔軟体操


③ 舌(タンギング)の準備運動




楽器を演奏する前に、


上にあげた3つのメニューを一通り行うことを習慣にできると、


理想的です (^_-)-☆






第1回目の今回は、


① 呼吸(ブレスコントロール)の基礎練習


です。



目標は

伸びのある、まっすぐな音。


(1) まずは準備。



〇 背筋をむ伸ばしましょう。

〇 片方の手のひらをおなかに、もう一方の手の甲を同じ高さの背中にあてます。

〇 4秒間かけて、すべての息を口から吐き切ります

〇 8秒間かけて、可能な限り均等に、息をいっぱいに吸い込みます。

〇 16秒間かけて、すべての息を可能な限り均等に、口から吐き切ります。


もう一度 (^^♪


〇 8秒間かけて、可能な限り均等に、息をいっぱいに吸い込みます。

〇 16秒間かけて、すべての息を可能な限り均等に、口から吐き切ります。

ラスト☆彡


〇 8秒間かけて、可能な限り均等に、息をいっぱいに吸い込みます。

〇 16秒間かけて、すべての息を可能な限り均等に、口から吐き切ります。




(2) ロングトーン


基礎練習編_01




〇 練習方法


背筋を伸ばして姿勢を正しましょう。


1.鳴らしたい音の響きをイメージします。



2.メトロノームをテンポ60でセットします。

  (1拍1秒のテンポです)



3.ブレスは所定位置で。



4.可能な限り、揺れのないまっすぐな音を鳴らすことを目指してください。
 


6.今度はチューナーをセットして、ピッチを保ちつつ、もう一度(^^♪






はい、お疲れさまでした♬






いかかでしたか?





音の切り際で音が揺れたり、


ピッチ(音程が下がったり)


していませんか?




『揺れのないまっすぐに伸びる音』


奏でるのはなかなか難しいことが、



ご理解いただけると思います。



均一なブレスコントロールが不可欠です。





けれど、美しく滑らかな演奏には、


このスキルがとても大切です。




ぜひ、日々の練習に取り入れて、


気長に続けてみてくだい。





「基礎練習」全般に言えることですが、


効果はすぐには現れません。




が…





ある時、ふと自分の音の変化に気づく時が訪れると思います。


積み重ねる根気があれば…


ご褒美が授かります(^_-)-☆