ブログ・オカリナのお稽古

オカリナのことや、音楽のこと などエトセトラ...


WEBSITE
『オカリナの小部屋』
https://www.okinakobo.com/
オカリナ楽譜、音楽配信など


3つの基礎練習メニュー、


2回目の今回は指慣らし編です。


前回のロングトーンに続けて、行うようにしましょう。





PlayingOcarina



まず、練習のポイントです。


① 無理のないテンポで

② 指の力を抜いてリラックスした状態で


この2点が大切です。




目的は指の柔軟性を身に着けることにあります。


緊張したり、強張った状態の指は、柔軟には動かせません。


そのためにも、上記2つのポイントは重要です。




早いフレーズへの対応というより、正確な運指に重点を置くことが大切です。


〇 指がリラックスした状態を保ち、

スケール(音階)に応じて、指をしっかり離す。


〇 指がリラックスした状態を保ち、

スケール(音階)に応じて、指を正確にホール(指孔)に下す。


この2点です。




練習に使う譜面はこちらです。



基礎練習編2_01


〇 ブレスの指定は入っていません。

  小節終わりに等間隔でブレスしてください。




〇 高音域では、楽器を落とさないように、適切にホールド(支持)しましょう。


過去記事

高音域を演奏するときは、楽器のホールド(支持)を♬


〇 譜例【A】のパターンは、は、各音タンギングを用います。


〇  譜例【B】のパターンは、スラー練習の一例です。

 


練習方法

①メトロノームをセットします。
 

 譜例ではテンポ60を設定していますが、それ以下でも構いません。

 余裕をもってテンポを設定してください。

 ただし、設定したテンポに準じて、

 テンポがバラつくことなく、正確に演奏することを心がけましょう。
 



②トーンホール(指孔)は、とにかく力を抜いて指がリラックスした状態で押さえること。


 指がトーンホール(指孔)を真上から覆っていれば、

 力を入れて押さえなくても正確なピッチ(音程)が保てます。
 



③最初から全部通して演奏しようとしないこと。


 この練習の目的は、


 リラックスした運指のための、指の準備運動


 でしたよね。




 
何度も言いますが、


『指がリラックスした状態を保つ』


ことの練習です。



と思っていても、力が入ってしまうんです(笑)






最初は冒頭2小節の反復だけでも、十分です。


とにかく、指を余計な力で束縛しないことがまず大事です。


それと、無理な練習メニューは続きませんから(-_-;)



冒頭2小節の反復であっても、日々積み重ねることで


体は順応して行きます。


それに応じて、反復する範囲を広げていくプロセスを推奨します。



継続することが、大切なのが基礎練習です。



次回は

基礎練習編③タンギング

を取り上げたいと思います。